• イラストACにて無料ダウンロードできるオリジナルイラストを紹介しています。平日のみ毎日出来る限り更新中!

    昨日、ある出来事に遭遇した。

    いつもの様に朝から仕事に出かける。
    この時期は自分の会社はあまり仕事もなく、落ち着いて仕事が出来る。
    なので定時に仕事を終わらせた。
    そして車に乗り込み帰宅(たまに寄り道)するのだが、不思議な光景に出くわした。


    いつもの帰り道の途中、渋滞する箇所(3車線)があるのだがそこで出来事は起こった。
    最初はあまり気にしていなかったのだが、カラスがやたらと低空飛行をしていた。

    それも2羽で。


    最初は2羽が低空飛行しながら遊んでるのだろうな?と思っていたのだが、やたらと低空飛行をしている。

    しかも同じ様な場所で・・・。
    どういうふうにしていたのかというと、∞←まさにこのような感じだった。
    旋回を3回繰り返した後、交互に低空飛行。車が通れない。進めない。

    普通乗用車や軽自動車は通れるものの、トラックは通れない。
    かといって渋滞していたので、あまりこの時は気にしていなかった。


    スポンサーリンク


    やがて信号が青になり進むのか?と思っていたが、これがまた進まない。
    ここでようやく気付いた。この時の車列は

    前がトラック、乗用車、乗用車、乗用車、自分、乗用車・・・

    トラックがあまりにも進まないのでトラックの後ろの乗用車が車線変更をしてトラックを追い抜かす。

    続いて次の乗用車もトラックを追い抜かした。

    そしてまた信号は赤へと変わった。この時の車列は

    前がトラック、乗用車、自分、乗用車・・・

    である。


    ここでようやくカラスが何をしていたのか理解した。カラスがトラックの通行を邪魔していたのだった。

    カラスは相変わらず∞飛行を繰り返していたが、さすがに疲れたのだろう。

    1羽がトラックの横に降り立った。と同時に1羽のカラス飛行を繰り返しているカラスに「俺も参加!」とばかりに∞飛行をしにやってきた。

    この時は3羽。

    降り立ったカラスはトラックの横を歩き、後ろの乗用車の方へ、さらに自分の方へ歩き出した。

    この時の距離30cm。ここまでカラスを近くで見たのは初めてだった。

    というか、わざわざ足を止めて様子をうかがっているようにも思えた。
    そしてその降り立ったカラスはさらに後ろへ・・・。


    そうこうしているうちにトラックがハザードを点滅させた。

    そしてトラックの運転手が降りてきてカラスを手で追いやっていた。

    カラスは運転手のアタマにツメで攻撃しようとしていたが、運転手はこれを回避。

    カラスは3羽とも離れていった。
    このとき運良く信号は青に変わりトラックの運転手は乗り込み通行をした。

    トラックの後ろの乗用車は車線変更をし、そこをそそくさと通っていった。

    自分は車線変更をせずにトラックの後ろを走りカラスの様子をみていたのだが、カラスは追ってこなかった。


    あまりに不思議な光景だったので、日記にしたが、カラスは人を記憶し、同じ人に攻撃をしたり嫌がらせをしたりすると聞く。

    あのトラック運転手があの時のカラスにまた何かされないか心配である。


    スポンサーリンク


    0